火事に遭っていなくても窓ガラス修理に火災保険は使えるのか?

知らない人が多い火災保険の補償

家の窓ガラスが割れてしまい修理費用が気になる方、出費をできるだけ抑えたいと思われている方、火事でなくても窓ガラスを火災保険を使って修理できる可能性があります。あまり知られていませんが火災保険を使って窓ガラスを修理する方法を紹介します。

火災保険だと「火災・火事」の場合しか使えないのでは?と思う方が多いと思いますが、火災保険は家などの建物全体の火災も含む様々な被害を補償していることが多いので、窓ガラスの修理もその補償してくれるかもしれません。窓ガラスの交換をする前に一度ご自身の火災保険をチェックし、分からなければ保険会社に確認を取りましょう。マンションを購入している方などは火災保険に入らなければ購入できないところも多い為、火災保険に入ってない人の方が少ないと思います。

火災保険で窓ガラス修理ができるケース

全ての窓ガラスの交換費用を火災保険で使えるわけではありません。保険が適用されるケースは、台風の風で飛んできた物で割れた場合(風災)・外から飛んできたボール等で割れた場合(外からの衝突)・空き巣が侵入の際にガラスを割った場合(盗難)・子どもなどがぶつかりガラスを突き破った場合(突発的事故)などがだいたいの火災保険で補償される内容です。しかし保険会社や保険のプランによってはこれらが補償されない場合もありますので、契約内容を再度確認してから問い合わせをしてみてください。

火災保険が適用されるケースの場合であっても安心してはいけません。次に確認をすべき点は免責金額です。この金額によっては補償がされない事もあります。一般的には、免責金額は0円・1万円・3万円・5万円と設定されている場合が多いです。例えば、交換費用が5万円かかり、免責金額が0円の場合は勿論負担費用は全額の5万円。交換費用が5万円かかり、免責金額が1万円の場合も負担費用は全額の5万円。交換費用が5万円かかり、免責金額が3万円の場合も負担費用は0円。交換費用が5万2千円かかり、免責金額が5万円の場合負担費用は2千円。このように、免責金額が5万円と設定されている場合、ガラスの修理代が5万円を超えた分だけ補償対象となる為、修理費用と免責金額によって負担金額が変わってきます。

このように窓ガラス修理の費用を火災保険を使わる方法をご紹介しましたが、重要となるのは①火災保険にまずガラス修理の補償のあるプランであるか否か ②窓ガラスが割れた原因は何か ③免責金額と修理費用の把握です。損をしないように保険会社への確認と業者から修理の見積もりを出してもらい、だいたい補償される金額を把握しておくと良いでしょう。